「英語を英語のまま理解する」って??

Share on Facebook

「英語を英語のまま理解する」って??

 よく次のように言われます。

 「英語を英語のまま理解しないとダメだ!」

 よく耳にする言葉ですが、「じゃ、実際にどうすればよいの?」、「それって、現実的に言って、どういう意味??」と思われると思います。

 実際は、「英語を英語のまま理解する」というより、「英語を、日本語を介さずに理解する」と言った方がわかりやすいかもしれません。

 いくら勉強しても英語が話せない人に共通する方法として「英語を、日本語を介して理解する」というのがあります。
 これは、それぞれの英単語に対して、その日本語の単語を暗記して、英語を読むときに、訳しながら(日本語の単語に置き換えながら)、訳した日本語を見て理解する、というものです。
 これが、学校のテストではよい点数を取れるのに、話せない人の典型です。

 では、どうすれば、よいのか?

 キーワードは、「理解」です。

 「暗記」ではなく、英語を、日本語を介さずに「理解」させることが必要であり、
 実は、それをするのに効率的な方法があるのです。

 では、日本の幼児の英語教室、や、一部のネイティブの英語教室に代表される「ただただネイティブと同じ空間にいて英語を話しかけられる」つまり「英語の環境にいたら自然と英語が理解できるようになる」という方法はどうでしょうか。
 これは、「必要性のレベル」という点では正しいです。

 しかし、英語の環境にいて、自然と英語が理解できるようになるには、毎日、朝から晩までその環境にいるとしても、5年はかかるでしょう。
 つまり、ネイティブの5歳のレベル、ということです。

 実は、ネイティブも英語が話せるようになる課程で、上記の「理解」させる過程を経ています。
 が、前述の通り、この「ただ英語の環境におく」方法だけを使うとすると、膨大な時間がかかります。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

Comments links could be nofollow free.

運営者:アッキー

プロフィール:
TOEIC990点(満点)
実用英語技能検定1級
オーストラリア滞在2年間
中国滞在1年間
イギリス滞在1年間
アメリカ滞在2年間
通訳翻訳・英語講師歴4年間

教室:英語教室野洲

英語教室野洲
(滋賀県野洲市)