「動詞(verb)」は、動作や行為だけを表すのではない!

Share on Facebook

 「動詞(verb)」は、動作・行為だけを表すのではない!

 「動詞」は、日本語の「動詞」という名前から「動く」「歩く」「食べる」などの動作や行為だけを表すと思われがちですが、そうではありません。

 「verb(動詞)」は、事象(出来事)、そして、状態も表します。

 そして、1つの単語の場合も、複数の単語の場合もあります。
 どちらも、1つの「verb(動詞)」なのです。

 事象(出来事)・状態の例は、「happen(起こる)」「exist(存在している)」「seem(~のように思われる)」などです。

 そして、「is walking(歩いている)」「has eaten(食べ終わった)」「should have happened(起こるべきだった)」も、それぞれ「verb(動詞)」です。
 より正確には、「compound verb(複合動詞)」といい、「2つまたはそれ以上の単語からなる動詞」です。

 英語の「verb」の語源は、ラテン語の「verbum」から来ていて、「単語」を意味しました。
 日本語と違い、語源的にも「動(動き)」の意味はないのです。
 ※「ラテン語」は、約1800年前までイタリアのローマまたはその近辺で話されていた言語で、たくさんの現代英語の単語がラテン語を語源としています。

 補足: 現在、一般的に、「is walking」「has eaten」「should have happened」の「is」「has」「should」「have」は、「auxiliary(helping) verb(助動詞)」と言われることが多く、「他の単語を助ける動詞」と呼ばれていますが、厳密に言うと正しい名前ではありません。
 実際は、「他の動詞と結びついて、複合動詞を作る動詞」です。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

Comments links could be nofollow free.

運営者:アッキー

プロフィール:
TOEIC990点(満点)
実用英語技能検定1級
オーストラリア滞在2年間
中国滞在1年間
イギリス滞在1年間
アメリカ滞在2年間
通訳翻訳・英語講師歴4年間

教室:英語教室野洲

英語教室野洲
(滋賀県野洲市)