日本人のほとんど?が誤解している動詞の現在形(present tense)の意味

Share on Facebook

 日本人のほとんど?が誤解している動詞の現在形(present tense)の意味

 私が今までに会って英語について話した日本人の100%が誤解していた(または、理解していなかった)のが、「動詞の現在形(present tense)」の意味です。

 英語の「現在形(present tense)」は、「たった今現在」だけを表すのではありません。

 そして、日本語だと、「私がその仕事をするよ」と表現しますが、それをそのまま訳して「I do the job.」と言う人が多いですが、これは、間違っています。

 英語の現在形は、通常、以下の3つのいずれかを表します。

 1) 現時点で、存在している、または、発生している事(特に状態)を表す。
    例) I want to eat. (私は、食べたいと思っている。)
    例) The cat is in the house. (その猫は、家の中にいる。)
    例) My shoes feel tight. (私の靴は、きつく感じる。)

 2) 常に真実の事を表す。
    例) The sun rises in the east. (太陽は、東から昇る。)
    例) He is a kind person. (彼は親切な人だ。)
    例) January has 31 days. (1月は、31日間ある。)

 3) 習慣、または、よく繰り返す行為を表す。
    例) I practice the piano ever day. (私は、毎日ピアノを練習する。)
    例) I go out with her. (私は彼女と[よく]出かける、つまり、デートをする。)
    例) She cuts her hair once a month. (彼女は、1ヶ月に1回、髪を切る。)

 「私がその仕事をするよ」というのは、実は、「未来に向かった意志」を表しているので、「will」を入れて、「I will do the job.」が正しいです。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

Comments links could be nofollow free.

運営者:アッキー

プロフィール:
TOEIC990点(満点)
実用英語技能検定1級
オーストラリア滞在2年間
中国滞在1年間
イギリス滞在1年間
アメリカ滞在2年間
通訳翻訳・英語講師歴4年間

教室:英語教室野洲

英語教室野洲
(滋賀県野洲市)