超基本 「文法」とは?

Share on Facebook

 超基本 「文法」とは?

 今日は、恐ろしく基本的な話をします。

 英語の文法は難しい、と言う日本人は多いです。
 文法に関する本も、たくさん、出ています。

 「文法」とは、話し言葉または書き言葉で使われる、単語の並べ方で、自分の考えを他の人に正確に伝えるためのものです。
 そして、その並べ方についてのルール(実は、同意)の集まりです。

 それ以上でも、それ以下でもありません。

 なので、教授や専門家が、こうでなければならない、というものではなく、大学に何年も行って研究して、やっとわかるようなものでもありません。

 「私は、明日、弟と映画を見に行きます。」という日本語の文があります。

 これを、「私は、行きます、に見、を映画、と弟、明日。」と言われたら、何を伝えようとしているのか、わかりますか?

 単語が間違っていなくとも、文法が間違っているので、伝わりません。

 ただ、それだけです。

 文法が複雑に思え始めたら、上記のことを思い出してください。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

Comments links could be nofollow free.

運営者:アッキー

プロフィール:
TOEIC990点(満点)
実用英語技能検定1級
オーストラリア滞在2年間
中国滞在1年間
イギリス滞在1年間
アメリカ滞在2年間
通訳翻訳・英語講師歴4年間

教室:英語教室野洲

英語教室野洲
(滋賀県野洲市)