日本人が最も苦手な「R」の発音のコツを教えます

Share on Facebook

 日本人が最も苦手な「R」の発音のコツを教えます

 「R」の発音は、いろいろな本で説明されていますが、間違っていることも多いです。
 実は。。

 間違っている典型は、「そり舌」の「R」の説明で、舌先が上に上がり、さらに後ろに向かう形での説明です。

 繰り返しますが、これは、間違っています。

 これをしても、たしかに「R」の発音になりますが、ネイティブはこのように発音していません。
 これをしていると、そのうち、舌がツると思います・・(笑)

 「R」の発音は、実は、「そり舌」と「もり上がり舌」の2種類があります。

 イギリスは、主に「そり舌」が使われます。

 アメリカは、「そり舌」も「もり上がり舌」も使われます。

 「そり舌」というのは、名前からすると、上記の間違った意味にとらえてしまうので、実際は名前が間違っていますが、「舌先が少し上に上がるが、上あごには絶対に付かない方法」です。

 「もり上がり舌」は、「舌先は上には上がらず、下に下がったままの方法」です。

 ここで、ポイントですが、「そり舌」も「もり上がり舌」も、舌を動かす上で意識しないといけないのは、舌先ではなく、舌の後ろの方です。
 舌の後ろの方をボール状に丸める感じで、ぐっと上げます。
 これで、「うー」と発音すると、「R」の発音がでます。

 「もり上がり舌」の「R」でわかりやすい説明は、以下を見てください。

 アイオワ大学提供のオンライン発音教材
 ※「liquid(音声学の流音)」をクリックして、次に「/r/」をクリックしてください。

 英語の「R」の発音は、日本語ではないように、日本人が普段使わない筋肉を使う発音ですので、慣れるまで(筋肉が鍛えられるまで)練習が必要です。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

Comments links could be nofollow free.

運営者:アッキー

プロフィール:
TOEIC990点(満点)
実用英語技能検定1級
オーストラリア滞在2年間
中国滞在1年間
イギリス滞在1年間
アメリカ滞在2年間
通訳翻訳・英語講師歴4年間

教室:英語教室野洲

英語教室野洲
(滋賀県野洲市)